生活習慣病の予防と食事

日本人の死因の三大要因はがんと脳卒中と心臓病です。
こうした病気の原因でもある高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の患者が増えていると言われています。

 

こうした病気が増加するのは、加齢や遺伝的な要素によるものばかりでなく、偏った食生活や運動不足、過度の飲酒や喫煙、そして普段の生活の中で受けるストレスといった悪い生活習慣が深くかかわっているとも言われています。

 

血圧や肥満、糖代謝、脂質の4つの項目は毎日の生活を改善することが最も重要だと言えます。
生活習慣病の予防のためにはまずは食生活の改善が基本です。命を脅かす危険のある生活習慣を予防するために、まずは野菜や海藻、豆、大豆製品などをたっぷりとることで野菜不足を防ぐことが事が大切です。

 

野菜をたっぷりと食べるためには、サラダなどの生の状態で食べるだけでなく、茹でたりしてかさを減らすことも野菜をたくさん食べるためのコツになります。
同じ分量の野菜でも調理方法を工夫することで栄養価をあまり下げることなくたくさんの量をとる事もできます。

 

そして生の野菜の栄養をたくさん取るためには、今話題のグリーンスムージーにして摂るようにするのもおすすめです。
時間のないときでも簡単にできるし、野菜だけでなく果物も加えることで、緑黄色野菜を美味しくとる事ができます。

 

そして何よりも食事の量は常に腹八分目にするようにして、肥満を防ぐように注意することが生活習慣病の予防には効果的です。

 

野菜不足解消 - TOPへ