野菜不足は肥満の始まり!?野菜の栄養素や食物繊維が体に与える影響

野菜不足になると、肥満になってしまうことがあります。
野菜には豊富な栄養素やビタミンやミネラルなどが沢山含まれているのです。

これらの栄養素が不足してしまうと、代謝が正しく行うことが出来なくなってしまいます。
代謝はとても大切なものです。基礎代謝が低くなると、何もしなくても消費されるエネルギーが減ってしまいます。

 

そのため、肥満になってしまう可能性が高くなるのです。
また、野菜に含まれている食物繊維は、血糖値の上昇を緩やかにして、インスリンの過剰な分泌をおさえてくれる効果があります。

 

インスリンの分泌がおさえられると、食べ物に含まれている糖質が脂肪に変わってしまうことを、抑制することが出来るのです。
しかし、野菜不足によって食物繊維も不足した状態である場合は、インスリンが過剰に分泌されて、糖質が脂肪に変わり、肥満になってしまいます。

 

また、食物繊維は腸の動きにとても影響があるため、便秘を予防することが出来ます。
身体から毒素が排出されない状態がつづくと、身体の中のバランスが乱れてしまい、太りやすい身体になってしまうため、スムーズに排出することが大切です。

 

その他にも野菜の栄養素は血液をきれいにする効果がありますので、血の流れを良くして身体の中をきれいにすることが出来ます。
そのため、脂肪がつきにくい身体になることが出来るのです。
このように、野菜不足は肥満の始まりです。毎日の生活の中で、積極的に野菜をとるようにしましょう。

 

野菜不足の解消方法 - TOPへ