知っておきたい!野菜不足が生活習慣病につながる理由

野菜不足になると、生活習慣病につながってしまいます。その理由は様々なものがあります。

 

生活習慣病とは、主に、糖尿病、脳卒中、心臓病、脂質異常症、高血圧などです。
生活習慣の中でも食生活とは密接な関係があり、野菜不足になると、発症のリスクが高くなる可能性があります。

野菜には色々な栄養が含まれていますが、ほとんどが低エネルギーでありビタミンと食物繊維を豊富に含んでいることが多いです。

 

  • 葉物の野菜には、葉酸やビタミン、カリウム、カルシウムなどが豊富に含まれています。
  • 食物繊維は、糖質や脂肪の吸収を抑える働きがあります。

また、腸の動きをよくしてくれるため、毒素を排出しやすい身体にしてくれます。生活習慣病につながる活性酸素なども排出してくれるのです。

 

  • ビタミンやカロテンなどは身体の酸化を防ぐ働きがあります。

酸化を防ぐ働きのある成分をしっかりと取り入れることで、老化物質の生成を抑えることが出来ます。

  • カリウムやカルシウムには、血圧を下げる働きがあります。

血圧を下げる働きの成分によって高血圧などになりにくくなります。
塩分を多く食べてしまう習慣がある場合は、カリウムやカルシウムをしっかりと取り入れる必要があります。

 

野菜にはビタミンが数多く含まれていますが、それらが不足すると、自律神経が乱れてしまいます。
自律神経のバランスが乱れると、生活習慣の病気につながってしまうことがあるので、しっかりと野菜をとることはとても大切なことなのです。
このように、野菜不足は生活習慣病につながってしまう可能性があります。

 

野菜不足解消で生活週間予防 - TOPへ